30年以上も苦しんだ私のpms改善方法

pms対策|みんなのpmsの乗りこえ方

約30年以上も苦しんだ私のpms改善方法

私のpmsの症状が始まったのは、高校生の頃でした。

もしかしたらもっと早くからあったのかもしれません。

中学1年の頃に初潮がきて、その頃はお腹が少し痛くなるくらいで、

そんなに気にはなりませんでした。高校生の時に、初めて生理前に激しい頭痛になりました。

冷や汗が出て、頭の片側が脈を打つようにドクンドクンと痛むのです。ひどい時には吐いてしまう事もありました。

今でこそ片頭痛の症状とわかるのですが、当時は普通の頭痛と思い、市販の頭痛薬で何とかしのいでいました。

20歳を過ぎて結婚をしても相変わらず生理前の片頭痛は続きました。それに加え、倦怠感や微熱や足のむくみ、普段の倍の量の甘い物が食べたくなったりしました。

あとでわかった事ですが、実は母親も頭痛持ちで、片頭痛は母親から娘に遺伝しやすいらしいのです。

片頭痛はホルモンのバランスに関係しているので、生理前には特に強く症状が出てしまうようでした。

pmsが続く中、出産を経験しました。

妊娠中は生理が止まるので、頭痛は起きませんでした。

今思うと一番快適な日々だったと思います。

3年前に、前から気になっていた頭痛外来を受診しました。

問診をして、MRIなどの検査をして、典型的な片頭痛と診断されました。

私の片頭痛は、ほぼホルモンバランスが関係してました。

頭痛外来で処方された薬は劇的に効き目があり、もっと早く受診すれば良かったと思います。

今は頭痛を治める薬の他に、頭痛の予防薬も飲んでいるので、月によっては頭痛にならない時もあります。

あんなに毎月苦しんでいたのが嘘のようです。チョコレートやチーズは、片頭痛を悪化させてしまうので、生理前はなるべく食べないように気をつけています。今では頭痛薬を飲む回数もぐっと減りました。

あと何年かはpmsと付き合わなくてはいけないので、自分なりに食べ物や薬でうまく調節して、これからも付き合っていきたいと思います。