ハーブティーとヨガでpms対策

pms対策|みんなのpmsの乗りこえ方

ハーブティーとヨガでpmsの症状が緩和されました。

私は、12歳で初潮を迎えてからずっと生理前のつらい症状に悩まされていました。

症状は、生理前になると食欲が増え、精神的に落ち込みます。

普段は穏やかな性格なのですが、生理前になるとどうでもいいことで泣いたり、感情がコントロールできなくてすぐに怒ってしまいます。

経血の量も多く、タンポンを使用しないと生活が出来ないので20歳の頃に婦人科にかかりました。

一通り検査をしましたが、何も異常がなく「pms」と診断されました。

普段気を付けていることは、三つあります。

一つ目は、とにかく体全体(とくに下半身)を冷やさないこと。

肌が露出する服装は極力控えていて、生理前後、少しでもお腹の痛みが出たらホットカイロで温めています。

二つ目は、ハーブティーの摂取です。

精神的なイライラについては、「セント・ジョーンズ・ワート」と「タンポポコーヒー」というハーブティーを日ごろから飲んでいます。

「セント・ジョーンズ・ワート」は古代から薬として使用されているそうで、沈んだ気持ちを和らげてくれます。

とくに効果があるのが「タンポポコーヒー」で、豆乳で割って温めて飲みます。「タンポポコーヒー」を飲み始めてから、生理前のイライラや痛みが軽くなりました。

友人もpmsを患っているのですが「タンポポコーヒー」を飲み始めてから、私と同様、症状が緩和されたそうです。

三つめは、日課としてヨガを取り入れています。骨盤のゆがみが改善され、経血の量が減りました。

適度に運動することで、ストレスが抑えられます。

現在はこれらを続けることで、pmsと上手く付き合っていけるようになりました。

少しでも参考になれば幸いです。