加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方薬でpmsが楽になった

pms対策|みんなのpmsの乗りこえ方

加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方で改善されたと実感

加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方薬を飲み始めたのは、婦人科系の機能改善の為がきっかけですが、この漢方薬は効果が幅広く、とても良いということは処方された医師から聞いていました。

私は生理痛についてはさほど重いとは感じていませんでしたが、月経前症候群はお腹が痛いということだけではないのですね。
仕事が忙しく、毎月のその不調については、さほど気にしていなかったのですが、逆に言えば、月経前症候群のせいで会社を休むほどではなかったと言えるかもしれません。
同僚など、重い人は、会社を休まないと辛くて来ることもできないほどだ、と言っていましたから。

私の場合、異常に眠くなってしまい、寝不足でもないのに、昼間にオフィスで眠くて眠くて仕方がない…ということがあったり、身体中がだるい、頭痛がして気分がすぐれないという症状があり、風邪ではないのにと思っていると、これが月経前症候群だったということがよくありました。
症状は感じているけれど、特に気にしていなかったというだけで、不調になるのは普通のことだったのです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方薬を飲み始めてからは、これらの重苦しさがなくなってきたと思います。
ただ、生理痛は感じますので、ツボ治療などで治してしまいますと、かなり身体がいつもの調子でいられるのです。
加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方薬で、月経前症候群が軽くなるとは、特に期待していなかっただけに、とても快適になってきたのは、この漢方薬のおかげです。


そして、何より、一番実感したのは、身体の冷えが改善されてきていることです。
特に、お腹の冷えです。

冷えと月経前症候群の、厳密なかかわりは、専門家ではないので語れませんが、お腹が冷えていると、生理痛も固く重く、とても暗い気持ちにもなり、動きもとても鈍ってしまいます。
お腹を触ってあったかいと感じれるようになってからは、身体の動きがスムーズですし、内臓があたたまっているからこそ、月経前の不快感も和らいでいる実感があります。

加味逍遥散(かみしょうようさん)の漢方薬を飲み始めて、1年たってからは、お腹がすっかりあたたかくなり、手や足の先も以前の冷えを感じなくなっていました。
不定愁訴と呼ばれるような感覚や症状も、身体が冷えているとよけいにこわばってしまいます。
身体があたたまってきたことで、いろいろと改善されていると実感できます。